『1万円起業』の要約

立ち上げに必要な3つのこと

1万円起業に必要なのは次の3つだけだ。
1万円起業は文字通り誰にでもできる。

①製品またはサービス=あなたが売るもの
②代金を払ってくれる人びと=顧客
③支払いを受ける手段=製品またはサービスとお金を引き換える方法

アイデアはどこにでも転がっている

価値とは「人々の役に立つこと」だ。
価値の提供を何よりも重視した時、ビジネスが成立する。
この時、大切なのは価値は消費者が感じる
「感情的な必要性」に結びついているという事だ。
売り手はよく「私達の商品の特徴は〜」と語るが、
客が受け取るベネフィットについて語る方が説得力がある。
人にベネフィットを与えるためには、
3つの戦略が役に立つ。

①「隠れた本音」を掘り起こす
②顧客をヒーローにする
③人が本当に欲しがるものを売る

ほとんどの人は、
あるもの(お金、愛情、時間など)をより多く、
あるもの(ストレス、不安、争いなど)を
より少なくしたいと願っている。
誰かの生活をよりよくするために、
何を与え、何を取り除けるかを常に考えよう。
アイデアはどこにでも転がっている。
特に、次のような日常の場面に注目してみると良い。

・買い物で感じた「不便」
・新しい技術が生み出す意外な需要
(スマホ普及→日記帳やノートも売上増加)
・空きスペース

情熱だけでは成功しない

あなたが情熱を注いでいたとしても、
誰もお金を払う気にならないものはある。
情熱に加えて必要なのは、
他人の問題解決につながるスキルだ。

(情熱+スキル)×(問題+市場)=ビジネスの機会

情熱は重要だが、この数式の一部でしかない。

売り出すためのルール

計画するのは悪い事ではないが、
下手をすると実行されなかった計画だけを残して
人生は終わってしまう。
実行するためのルールは次の通り。

①市場性の高いアイデアを選ぶ
(革新ではなく、有用性を考える)
②費用を抑える
③まず売ってみる
④つくる前に市場を確かめる(アンケートなど)
⑤最初の結果によって、変えるべきところは変える

収益性を高める3原則

意欲的なビジネスオーナーの多くが犯す過ちが2つある。

①プロジェクトを始めるためのお金を
どこで手に入れるか考え過ぎる
②ビジネスによる収入が
どこから入るのかほとんど考えない

ビジネスは常に利益を重視しなければならない。
起業時の借金、あるいは
多額の投資は必ずしも必要ではない。
まずはお金が入るようにする事が大切だ。
収益性を高める3原則は次の通り。

①自分が負担した費用や時間ではなく、
顧客のベネフィットに基づく価格をつける
②何種類かの価格を提案する
③2回以上稼ぐ(継続プログラム、会員制など)

マイクロビジネスを始めるのに
最も重要な事は、
自分の情熱とスキルを、
他人にとって有益なものと
一致させる事である。

【1万円起業の事例】

・マットレスのネット販売

「押し売りしないマットレス店」というコンセプトで、
ベッド用のマットレスを販売するウェブサイトを開設。
マットレスの配送を2人乗り自転車で行う事で、
数多くの動画がYouTubeにアップされる。

・乗馬ファンのための牧場施設

乗馬グループのために宿泊施設を建て、
食事などをすべて含んだプランを提供。
乗馬体験を売るのではなく、
「日常を離れて、別人になれる」
自由を提供している。

・ヨガの個人レッスン教室

30〜45歳くらいまでの
多忙な女性たちをターゲットにしたヨガ教室。
顧客はたいてい管理職の地位にあり、
年85000ドルを超えるまで成長。

・「エクセルの達人になる」トレーニング

表計算ソフトを使って仕事の能率を上げるコツや
使い方をウェブサイトで教えはじめる。
製品とサービスを作り出し、
ダウンロード可能なガイドと
継続的なトレーニングを提供。

・マイレージを使った旅行手配の代行業

マイレージの使い方を知らない会社役員に向けて、
手数料250ドルと引き換えに、
顧客の好みに合わせて理想の旅行計画を立てる。
顧客は行きたい場所とマイルをためている航空会社、
旅行の日程に関する希望を伝えるだけでいい。
彼が手配する旅行の多くは、
普通なら5000ドルを超える費用がかかる。

・エバーノートの解説本を販売

エバーノートの使い方のコツをまとめ、
丁寧に詳しい画面例と解説をつけて、
PDFファイルを作成。
『エバーノート・エッセンシャルズ』
の名で電子書籍として販売。
年間収入は12万ドルに。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました